パティシエ紹介

プロフィール

安仁屋 勇次
1981年生まれ 沖縄県出身

2000年 県内大手の洋菓子店就職

2006年 バイク事故で左足切断 身体障害者となる。

2016年 那覇市に「琉球 pudding」オープン

子供の頃からケーキやお菓子などが好きでパテシエの道を志す。
高校卒業後、県内大手の洋菓子店に就職し本格的に技術を学ぶ。
2006年に仕事帰りにバイク事故にあい左足大腿骨切断、約一年間入院、リハビリを行い義足で仕事復帰を果たす。
この頃から障害を抱えながら生活していく。
14年間勤めた後、沖縄平和通り商店街でパテシエの経験を生かしプリンの試作を開始。試作に没頭していく中で完全にプリンに魅了され2016年の秋、那覇市曙にプリン専門店「琉球 pudding 」をオープン。
2018年に曙の店を平和通り商店街に移転し現在、平和通り店、与那原東浜店の2店舗を運営。
同じ障害者を持った人やリスクを抱えて悩んでる人などにプリンを通して何か伝えていきたいと日々思いながら仕事に取り組んでいる。

PAGE TOP